NEW

遺産額1億円超を切り刻んでから死去したオーストリアの老婆、その時遺族は…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

ThinkstockPhotos-157981050.jpg
画像は、Thinkstockより

 遺産相続を巡り、家族や近親者が揉めるというのはよくある話。ところが、思わぬ形の遺産トラブルを巻き起こした老婆のニュースが日本にも届き、「これは遺族はキツイだろ」「意地悪ばあさんだな」と話題を呼んでいる。

 お亡くなりになったのは、オーストリアの85歳の女性。高齢者施設で他界したのだが、なんと死後、使用していたベッドから総額95万ユーロ(約1億2,600万円)もの紙幣と預金通帳が発見された。まさにお宝発見、残された家族としては顔もほころんでしまうだろう。

続きは【トカナ】で読む