NEW

「大御所」化する高橋みなみ、「ビートたけしと並んでも違和感ゼロ」と話題に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48の高橋みなみ「ビートたけしのTVタックル HP」より
 11月9日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)に、AKB48高橋みなみが出演した。この日の同番組は、「ハロウィンを徹底調査」として、漫画家の蛭子能収がハロウィン当日の東京・渋谷と六本木をレポートする様子が放送された。

 蛭子の「ハロウィンはナンパしやすく、友達をつくりやすいから盛り上がっている」という結論に、高橋は「出会いの場にはなりますよね」「(衣装を)着ているので、いつもの自分と違う自分になれる。スター感覚というか」とコメントした。

 さらに、漫画の話題の際には、高橋の自宅の本棚が公開され、『ONE PIECE』(集英社)や『SLAM DUNK』(同)などの少年漫画がズラリと並んでいる様子が映し出されていた。

「気になるものは、ジャケ買いというか、表紙が好きな絵だったりすると買う」という高橋は、「今まで単行本が一番売れた漫画は?」という質問に「『ONE PIECE』」と即答、「『SLAM DUNK』『ONE PIECE』は世代問わず、お父さんも子供も読める漫画なので、会話の糸口にもなる」と、人気漫画の効用について説明する一幕もあった。テレビ局関係者が語る。

「視聴者からは、『ビートたけし、大竹まことと並んで座っていても、まったく遜色ない』『違和感ゼロ』と、高橋の“大物感”に感服するような声もありました。また、バランスの取れたコメントを瞬時にまとめる力はさすがです。

『TVタックル』は、テーマによってはモデルやグラビアアイドルが出演することもありますが、政治経済や世相について、論客たちが激しい論戦を繰り広げることも多い社会派の番組です。最近は『若者の代弁者』『社会学者化している』といわれる高橋だけに、このタイミングでの同番組出演は、12月に控える卒業後の地歩を固めているような気もします」

 高橋といえば、今年9月放送の『クローズアップ現代』(NHK)に「若者のリーダー」として出演、戦争や年金について論じたことが「もはや政治家」と話題になった。また、3月には『いじめをノックアウト』(NHK Eテレ)で小学校6年生を相手に特別授業を展開するなど、アイドルらしからぬ言動を見せている。

抜群の自己プロデュース能力で「名将」に


 2005年に1期生としてAKBに加入後、12年8月から総監督としてAKBグループを引っ張ってきた高橋は、年内で卒業することを発表しており、卒業後の動向に注目が集まっている。