NEW
「ココロに効く(かもしれない)本読みガイド」山本一郎・中川淳一郎・漆原直行

これはスゴい良書だぞ!とっても多くの示唆と興奮を与えてくれる『プリンス論』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『プリンス論』(西寺郷太/新潮新書)
【今回取り上げる書籍】
プリンス論』(西寺郷太/新潮新書)

 う~ん、この前に西寺氏の『ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』(NHK出版)について書評を書いたのに、また同じ著者の本の書評を書くのもどうかとは思ったのだが、おもしろいんだからしょうがねぇよ、ということで今回はこの本を紹介する。

 いや、いろいろと本を「著者買い」をこのたびはしたワケですよ。基本的にはものすごく名の通った学者や評論家の執筆した著書をいくつか買ったのですが、いずれにしても「今流行りの事象に、テキトーな感想を述べただけの『語りおろし』のインタビュー」なんじゃね? という疑惑を持たせるような内容の本だらけなのである。本当につまらん本だらけだった。

 何回かのインタビューでちゃっちゃっとつくった本なのか、本人が書いたのかどうかは知らんのだが、ゴーストライターの世界というものは、「有名な人に4回か5回会って、ちゃちゃちゃっ、と本をつくってしまおう。バンザーイ」みたいな状況もけっこう存在するのだ。で、これらの著者の忙しさからすれば、恐らくはゴーストだろう。クレジットには「編集協力・○○」や「構成・○○」なんて別人の名前が入っているからね。「著者(笑)」のオッサンもオバサンどもも、どうせこれ出して印税を120万円ぐらいもらえれば御の字、場合によっては400万円ぐらいいけばいいな、的に考えていると偏見ながらオレの意見を述べておく。

 そんな中、そういったクソ本を何冊か読んだ後、新潮社の離れにある「新潮社クラブ」に缶詰になって書いたという西寺氏の『プリンス論』は輝きを放ってくるのである。オレ自身、プリンスについては『I Could Never Take The Place Of Your Man』という歌がかなり好きで、1987年、アメリカに引っ越した時にMTVで頻繁に流れていた歌だったのだ。当時は「アメリカくそったれ!」と思いつつも「こんなに素晴らしい音楽があるのであれば、しばらくはいよう」と思っていたのだ。あとは『Let’s Go Crazy』とかも好きだったな。さらにいうと、徳弘正也著で、「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載にしてはエロ過ぎる『シェイプアップ乱』にて「今はマイケル・ジャクソンよりもプリンス」といった文脈で登場したことも明確に覚えている。

誰もが成し遂げたことがないことを達成


 さて、『プリンス論』。本書は何が良いか。それは、新書という形態で、「誰もが知ってるけど実際のところは一体どんな人物かは知らない」人物に関する「伝記」を書いたことにある。通常、伝記というものは、子供向けか、ほかにもいろいろあるのかもしれないが、おどろおどろしいエラソーな単行本の形態で出版されるものである。