NEW

放送開始から40年、仏同時テロにも即応した米長寿番組「サタデー・ナイト・ライブ」の歴史

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

「パリは光の街です。ニューヨークの街は、その光が消えることはないことを知っています。全ての人に愛と救いの手を。私たちは、あなたと共にいます。ライブ・フロム・ニューヨーク、イッツ・サタデーナイト」。

 先週土曜日、11月14日の「サタデー・ナイト・ライブ」は、いつものような賑やかなオープニングではなく、レギュラーメンバーの一人、セシリア・ストロングによる静かな語りで始まった。黒いドレスを着た彼女は英語で述べたのちに、フランス語でも繰り返した。

 「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」は米NBCで40年続く生放送バラエティ番組。毎年9月から5月の間、毎週土曜深夜にゲストやレギュラー陣によるコント、音楽ゲストを迎えたライブなど90分にわたり放送している。(夏の間は再放送)。ビル・マーレイ、エディ・マーフィ、アダム・サンドラーなどアメリカを代表するコメディアンを輩出し、番組内コントから『ブルース・ブラザーズ』や『ウェインズ・ワールド』といった映画も登場した。「オレたちひょうきん族」はこの番組をもとにしたと言われており、2011年にフジテレビ系列で「サタデー・ナイト・ライブJPN」が放送されたのを覚えている方もいるかもしれない。地上波・CS合わせて9回しか放送されなかったことからも、決して成功とはいえないトライアルだったわけだが……。

続きはこちら