NEW

年収3000万、勝ち組グラビアアイドルの川村ひかるを襲った未破裂脳動脈瘤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kawamura.jpg
川村ひかる オフィシャルブログより

 十代からグラビアアイドルとして人気を博し、2004年には美と健康生活を提案する自社SNOW PICTUREを設立。健康管理士やジュニア野菜ソムリエほか数多の資格を活かして、大手カフェ店舗のメニュー開発や自社化粧品のプロデュースも手掛けている才色兼備タレントの川村ひかる(36)。先日は40代の一般男性との婚約も公表して笑みをこぼしたが…。

 昨年『有吉ゼミ』の出演時には「年収3,000万円」と自ら仰天告白。今回の婚約相手とも常々公言してきた35歳(結婚希望年齢)で1年前、趣味のゴルフを通じて運命の出逢いを成就させた。お相手は今時SNSの類いも一切やらない「浦島太郎みたい」な男性らしく、お祝いの取材にも「真面目で誠実、何の疑いもなく安心感のある人」とノロけていた川村。

 勝ち組以外の何者でもない36歳だが、じつは1年前の出逢いゴルフ当日は彼女にとっては違う意味でも一生忘れがたい、“W運命の日”でもあったという。あろうことか突如激しい頭痛に襲われて…「直ぐにMRI(核磁気共鳴装置)の検査の予約をしたら、(未破裂)脳動脈瘤が見つかりまして」と本人。至福の出逢いが晴天の席歴で病巣物語へと…。

 最近は芸能人の訃報でもよく目にする「くも膜下出血」は中年以上の場合、この脳の動脈にできる瘤が原因で破裂して起きる。ただし余程大きく(5mm以上に)なって周囲の組織を圧迫しない限りは何の症状もなく、脳ドックが流行る昨今では元気な人でも予測以上に未破裂脳動脈瘤を持っている事例も判ってきている。

 川村の場合も幸い「現在は小さい」そうだが、内頚動脈後交通動脈分岐部に出来るこの脳動脈瘤が大きくなったり、破裂の兆候を見せれば、片方の瞼が開かない「眼瞼下垂」や物がダブって見える「複視」、瞳孔が開いてしまいぼやけて見づらい「散瞳」などの症状が起きるという。