NEW

超簡単!悶絶の「鮭丼」のつくり方!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鮭のさっぱりマリネ丼
 身近な食材で、なおかつ短時間でつくれて、栄養バランスも考えた食事をつくるのは難しい。ついつい、市販のおかずや弁当などに頼りがちだが、これなら、やってみようという気分になる。なにせ、材料さえあれば10分でできてしまうのだ。野菜と調味料を入れたボウルに、焼いたをサッと漬け込むだけで、つくるのが大変そうな南蛮漬けが完成。あとはご飯にのせて、温泉卵とごまをパラリ。体を動かす人は、野菜と、魚や肉のタンパク質と一緒に、炭水化物も摂ることが大事。バランスよく食べて、上手にエネルギーを消費しよう。


【材料:2人分】

生鮭…1切れ
塩、胡椒…各少々
小麦粉…適量
オリーブオイル…大さじ1
にんじん…1/5本
パプリカ(赤、黄)…各1/5個
醤油…小さじ2
酢…大さじ2
砂糖…小さじ2
温泉卵…1個
ご飯…300g
ごま…適量

【つくり方】

1.にんじん、パプリカは短冊状に切る。
2.ボウルに醤油、酢、砂糖と1を入れる。
3.鮭は一口大に切り、塩、胡椒をまぶして小麦粉を薄くはたく。
4.フライパンを熱してオリーブオイルをしき、3の両面をこんがりと焼いたら、熱いうちに2に漬け、2~3分おく。
5.丼にご飯をよそい、4を盛り付け、真ん中に温泉卵を割りおとしてごまを振る。好みでさらに醤油(分量外)を垂らしてもいい。
(料理監修=本田祥子/ファミリークッキングスクール、編集=テクト)