NEW

80年代ハリウッドを席巻ーー『キャノン フィルムズ爆走風雲録』が描く、ある映画人の一代記

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 メナヘム・ゴーランって誰? きっと多くの人は、そう思うことだろう。しかし、『グローイング・アップ』(1978年)をはじめ、『地獄のヒーロー』(1984年)、『ブレイクダンス』(1984年)、『デルタ・フォース』(1985年)、『暴走機関車』(1985年)、『コブラ』(1986年)、そして『スーパーマン4/最強の敵』(1987年)など、ゴーランが製作した映画を観た記憶のある人は、少なからず多いのではないだろうか。周囲をあっと言わせる企画力とメジャースタジオには不可能なスピード感によって低予算の映画を大量に製作し、1980年代のハリウッドを席巻した映画会社「キャノン・フィルムズ」。わずか10年ほどの短い活動期間に、合計300本以上という膨大な作品を生み出したキャノン・フィルムズを、主に財務面を取り仕切る従弟のヨーラム・グローバスともども切り盛りしていた人物、それが監督兼映画製作者、メナヘム・ゴーランなのだ。

続きはこちら