NEW

死屍累々のタレントブランド、毎月のように立ち上げ&撤退の謎 篠田麻里子、紗栄子…

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紗栄子 HP」より
 近年、女性タレントがアパレルブランドをプロデュースするビジネスが話題になることが多い。タレントとしては、自らのステータスを高めると同時に、副業としての利益も見込める。また、飽和状態のアパレル業界にとっても、「タレントブランド」は市場に切り込むための有効な手段になっているようだ。

 タレントが企画やイメージキャラクターを務め、実際の製作・販売はアパレルメーカーが担当する「名前貸し」的な関わりから、タレント自らが社長となって会社を立ち上げるなど、さまざまなケースがあるが、タレント側とメーカー側の需要が合致した結果、続々と新たなブランドが生まれている。

ブランドプロデュースで成功した女性タレントたち


 タレントブランドの成功者といえば、まず名前が挙がるのが神田うのだろう。

「彼女が1999年に立ち上げたブランド『コスタ・モーダ・ウノ』は、東京・新宿に路面店を出すほど鼻息が荒かったのですが、すぐに撤退しました。しかし、その後にグンゼと組んで開発したストッキング『Tuche'UK』が大ヒットし、現在は数種類のブランドを運営しています。南青山に建てた豪邸は“パンスト御殿”と呼ばれています」(ファッション業界関係者)

 一児の母である千秋が手がけた子供服ブランド「リボンキャスケット」は年商40億円といわれ、「後に続け」とばかりに、辻希美、hitomi、渡辺満里奈、MEGUMIなどが続々とキッズブランドを立ち上げている。

 モデル界でも、毎月のように新ブランドが立ち上がっており、梨花の「MAISON DE REEFUR」は代官山に店舗をオープン、客が押し寄せるなど成功例といわれている。また、ギャル系ブランド「rienda」のショップスタッフだった松本恵奈は、モデル兼ディレクターとしてファッションブランド「EMODA」を立ち上げ、年商70億円規模に拡大させている。今や、モデルのブランドビジネスは、アパレル業界になくてはならない業態となっているのだ。

佐々木希、篠田麻里子、紗栄子……死屍累々のタレントブランド


 とはいえ、タレントブランドの世界は「有名人の名前がついていれば売れる」という甘いものではない。タレントのイメージに加え、デザインや価格帯が消費者から支持されず、うまくいかないケースも多く存在する。

「むしろ、失敗に終わったブランドのほうが多いと思います。辺見えみりの『Plage』は、代官山の梨花の店の目の前に出店して撃沈しました。佐々木希の『Cotton Cloud』も2012年8月に閉店、若槻千夏の『wc』はブランドこそ残っているものの、若槻は会社から追放されてしまいました。篠田麻里子がプロデュースした『ricori』も、あっという間に全店閉店の憂き目に遭っています」(同)