NEW

大沢樹生の「親子関係裁判」はDNA鑑定で勝訴 子どもの本当の父親は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kitajimaosawa.jpg
長男の父親は誰?(写真は大沢樹生の公式ブログと喜多嶋舞の所属事務所HPのプロフィールより)

 元光GENJIの俳優・大沢樹生(46歳)と元妻の喜多嶋舞(43歳)の間に生まれた長男(18歳)が大沢の実子かどうかを確認する訴訟で、11月19日、東京家裁は、原告・大沢の主張どおり、親子関係はない(親子関係不存在)の判決を下した。

 判決によれば、理由は2つある。

大沢が勝訴した2つのポイント

 第1点は、「嫡出推定」の否定。嫡出推定とは、結婚している妻が出産した子は夫の子と推定することだ。

 1997年1月14日に誕生した長男は、結婚成立の日から「200日目」に生まれた。したがって、「結婚後200日を経過して生まれた子は、結婚中に妊娠したと推定する」と定める、民法第772条の嫡出推定に当たらない。つまり、201日以降に生まれたならば大沢の子だが、200日目に生まれたことから、嫡出推定は否定された。ちなみに、大沢と喜多嶋が1996年6月28日に結婚した当時、喜多嶋は妊娠2カ月半だった。

 第2点は、「DNA鑑定」の信用性。2013年2月、大沢は長男の性格や体格が自分に似ていない点を根拠に、海外の鑑定機関に長男のDNA鑑定を依頼。2014年1月の記者会見で、大沢はDNA鑑定の結果、長男との親子関係は0%と説明した。東京家裁は、生物学的な父でないとするDNA親子鑑定の信用性を支持し、長男は大沢の子ではないと認めた。