NEW

阿藤快が亡くなる前に訴えた身体の痛み その腰痛も危険なシグナル!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

atoukai.jpg
大動脈破裂胸腔内出血で急死した俳優の阿藤快さん(写真は公式ブログより)

 先日、俳優の阿藤快さん(享年69歳)が急死した。死因は「大動脈破裂胸腔内出血」とのこと。体内で最も太い血管である大動脈にできた瘤(こぶ)が破れる、危険な疾患だ。大動脈瘤が破裂したら、その死亡率は80〜90%にも上るといわれている。

 動脈瘤は、いったんできてしまうと、自然に縮小することはない。治療せずに放置しておくと、瘤の壁にできた血塊や動脈硬化片が剥がれて血管内に流れ出し,動脈の末端に詰まって障害を起こしてしまうこともある。 

 症状には、胸部の大動脈瘤なら咳、血痰、胸痛、背中の痛み、腹部なら腰痛や腹痛などがみられる。ただし、この段階は破裂する危険性が高まっている状態で、大動脈瘤が大きくなって破裂すると急死の危険性がある。

マッサージでは治らない危険な痛み

 このように、大動脈瘤は背中や腰などの痛みと深い関係がある。実際に阿藤さんも亡くなる直前まで、背中の傷みを和らげようと、マッサージを受けていたことが報じられた。