NEW
山本康博「なぜあの商品はヒットしたのか/しないのか」

なぜあの人は、あの人自身がヒットしてるのか?幸せな人生を送る人が実践する3つのこと

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 本稿をお読みいただいているほとんどの方は、「マーケティングなんて自分には関係ない」と思われていると思います。まったくそんなことはないです。みなさんは「プロ並みのマーケッター」なのです。そこで、みなさまご自身が「ヒットする人材」になるための秘訣をお教えします。

「そんなことがあるはずない」と言われるかもしれません。

 私自身は職業としてマーケッターを名乗っていますが、もしかしたらみなさまのほうがプロのマーケッターかもしれません。学問としてのマーケティングがどうのこうのと言うつもりはありません。数百人のマーケッターとお付き合いしている体験から実感していることですが、知識のある人がマーケティングセンスが高いのではないと断言できます。

 では、どんな普通の人が、プロ並み、もしくはプロ以上のマーケッターなのか。

 ずばり、「多くの経験や好奇心、実行力のある人」だと考えます。マーケッターは、サービスや商品を売れるように考える特別な人ではなく、以下の3つを数多く無意識にこなしている人だといえる。

 その3つとは、「刺激」「感動」「行動」。これらを物心がついたときから無意識にしていた人が、よりマーケッター的な人だといえます。何かに刺激を与え、そのことに感動を覚えてもらい、その結果として行動に結びつくことに、無意識にチャレンジしているからです。

「万能ツール」=「マーケティング」


 マーケティングは、自分自身に対しても同じように使えます。何かをするにも、刺激をもらって感動して行動を始めるという経験が、誰でも一度くらいはあるかと思います。他者に対しても有効に働きます。親友にプレゼントを渡すときや、誰かとお付き合いするときにも、とても有効に使えます。これからクリスマスシーズンになりますが、ぜひマーケティングを使って、素敵なクリスマスを過ごせるように考えてほしいです。

 マーケティングというと、特別な人がするものだという考えは間違っていると私は考えています。マーケティングを学問として多く学んだ人よりも、物心ついた幼少時代から豊富な探究心や、誰かを驚かそう、喜ばせようと生活していた人が、私たちのようなマーケティングを職業とする専門家よりも、優れているのではないかと確信しています。