NEW

『ハンガー・ゲーム』はどうして日本で当たらなかったのか? シリーズ完結を機に考える

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンド編集部】

 3連休最初の2日間となった先週末(11月21~22日)の全国映画動員ランキング。映画館の「秋枯れ」状態についてこのところ毎週のように書いてきて少々飽きてきたのだが、先週末は遂に底が抜けてしまった。初登場1位となった『レインツリーの国』は、1位の作品としては今年のワースト記録となる動員9万1726人、興収1億2394万4520円という数字。ただし、全国190スクリーンという上映館数をふまえればこれは決して悪い数字ではなく、本来は1位を獲るような大作ではない作品が、他の作品の不甲斐なさによってたまたま1位になったと見るべきだろう。

 初登場2位は人気アニメの新作劇場版『ガールズ&パンツァー 劇場版』。動員は8万4752人、興収は1億2843万8980円。こちらも全国77スクリーンという小規模公開の作品としては大健闘。ちなみに、1位の『レインツリーの国』も2位の『ガールズ&パンツァー 劇場版』も配給はショウゲート。非メジャーの作品が1、2フィニッシュ、しかもそれが同じ配給会社というのも、全体の数字があまりにも低いことから生まれた珍しい記録だ。

続きはこちら