NEW

女性ヒーローが成立する条件とは何か? マーベルと『ジェシカ・ジョーンズ』の挑戦

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 11月20日にNetflixで全13話一斉配信となったマーベルの新作ドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』。先行作品『デアデビル』と同じく、映画『アベンジャーズ』第1作後のニューヨークが舞台で、『デアデビル』と共通するキャラクターも登場し、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)をさらに一歩広げる作品だ。

 この作品によってマーベルが広げようとしているのは、MCUの世界だけじゃない。『ジェシカ・ジョーンズ』でマーベルは「女性ヒーローを主人公にする」という新しいチャレンジに乗り出している。今まで、チームの中に女性キャラクターがいたことはあっても、異能をもった女性を単独主人公にした作品はなかった。そもそも、アメコミヒーロー映画というジャンルにとって、女性主人公は鬼門だ。『スーパーマン』(1978年)の成功の後には『スーパーガール』(1984)の失敗があり、『バットマン リターンズ』(1992)の後には(直接的なつながりはないけど)『キャットウーマン』(2004年)のラジー賞授賞があった。『ワンダーウーマン』テレビドラマ版はパイロット版のみで話が立ち消えになり、2017年公開予定の初映画化がどうなるか期待半分不安半分で待たれているところ。

続きはこちら