NEW

“内面の声”を描くのが新たなトレンドに? NHKドラマ10『わたしをみつけて』を分析

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 「話題性のあるテーマと高品質のエンターテインメント」を標榜し、これまで『八日目の蝉』(主演:檀れい/2010年)、『セカンドバージン』(主演:鈴木京香/2010年)、『紙の月』(主演:原田知世/2014年)、『聖女』(主演:広末涼子/2014年)、『さよなら私』(主演:永作博美/2014年)など、現代を生きる「女性たち」を主人公とした、数々の秀作ドラマを輩出してきたNHK総合の「ドラマ10」枠。その最新作『わたしをみつけて』(全4回)が、去る11月24日よりスタートした。

 物語の舞台となるのは、とある街にある総合病院。准看護師として勤務する主人公・山本弥生(瀧本美織)は、手際のいい仕事ぶりで、医師や患者からも一目置かれる存在だ。しかし、他人と関わることを避け、終業後も同僚や友人と交わることなく、ひとり孤独に暮らす彼女には、ある秘密があった……。

続きはこちら