NEW

『火花』のヒットでも太刀打ちできない本屋の苦しい実態……2015年出版流通業界10大ニュース【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

1512_hibana.jpg.jpg
『火花』(文藝春秋)

――年末もいよいよ差し迫り、2015年の総括をしたいところ。そこで今回は今年いろいろと話題の多かった出版業界の10大ニュースを、サイゾーpremiereの「出版ネタ」でお馴染みのライター佐伯雄大、さらに老舗出版社営業幹部A氏、中堅書店員B氏がメッタ切り!前編は6~10位までを語りつくします。

佐伯 2015年も残すところわずかとなったが、私が独断と偏見で2015年の出版流通界の10大ニュースを選んでみた。これらのニュースの真相などを、老舗出版社の営業幹部A氏と中堅老舗書店B氏とともに、メッタ切りにしていきたい。さて、早速だが、6位から10位をみてみよう。書店ネタが2つ、TSUTAYA図書館問題、アマゾンネタがそれぞれ入った。


出版流通業界10大ニュース
1位 日販の赤字&栗田破産=取次クラッシュ
2位 紀伊國屋書店、村上春樹本の買取=出版流通イノベーションジャパンの戦略
3位 新潮社が図書館の貸出猶予を検討=無料貸本屋問題
4位 リブロ池袋店閉店&三省堂書店出店
5位 KADOKAWA、アマゾンと直取引=広まる直取引
6位 アマゾン時限再販で紀伊國屋に怒られる出版社
7位 あゆみBOOKS買収&ジュンク100店体制=書店経営
8位 軽減税率=書籍・雑誌は後回し
9位 TSUTAYA図書館問題
10位 有隣堂STORYSTORY、ファミマ×TSUTAYA 書店複合出店ラッシュ


出版社A 出版社として気になるのは、やはり10位「有隣堂STORYSTORYなどの書店の複合化」、7位「ジュンク堂書店の出店攻勢&取次によるあゆみBOOKSの買収」だ。有隣堂STORYSTORYはカフェ&雑貨&書店を展開するリーディングスタイルと楽天が協業する面白い展開だが、他にも広島の「啓文社BOOKS PLUS緑町」(12月5日開店)などがカフェ複合店として出店した。TSUTAYAチェーンなどはいち早く、スタバなどとカフェの複合を進めていたが、他のチェーン書店でも出版物の売上低迷による収益減をカバーする手段として、カフェや文具の売り場の併設が今年は進んだ。

書店B 元々、粗利率二十数%という書店業の経営そのものに無理があった。家賃を払って書店を運営するというビジネススキームに無理だったんだよ。それこそ、売上が伸長している90年代半ばまでは、日銭がどんどん入ってくるからよかった。だが、それ以降は、多くの書店の売上は下がる一方で、取次や銀行などへの支払いが徐々に苦しくなっていった。それで売れない出版物を削って、売れそうな商材を取り入れるという流れが普通になった。書店の複合化なんて、いささか一昔前の話にも聞こえるが、それだけ書店は出版物中心の売り場だった。逆を言えば、複合に成功した店が少なかったのかもしれない。

出版社A 複合という話では、トーハンや日販(書店への出版物の2大卸業)という大取次が声を大にして書店に複合化をすすめている。書店経営が悪化すれば困るのは自分たちでもあるんだが、理念もなく、数字だけで複合してもうまくいかないと思う。一方で気になるのは、書店チェーンとコンビニ業界とのコラボ。ファミリーマートはTSUTAYAやワンダーグー、セブン・イレブンは明屋書店、ローソンはフタバ図書――と連携し、書店とコンビニが一体となった店舗を展開している。収益は分からないが、まだ多店舗展開していないところをみると、軌道に乗っているとは言い難いのかも。

佐伯 B氏が言うように書店業は相当の苦境にあるが、6位の「あゆみBOOKSの売却」と「丸善ジュンク堂書店の出店攻勢」は、まったく逆の現象が起こっているので、あえて二つを並べてみた。

出版社A あゆみBOOKSだけではなく、明屋書店やブックファースト、山下書店など、取次会社の傘下に入る書店が増えている。出版社としてはありがたい。廃業となればそれまでの売上はゼロになる。だが、取次が最後の砦として書店を買い支えてくれることで売上を維持(微減だが)することができる。ただ、それは後々、怖いことでもある。今はそうではないが、複数の帳合書店チェーンの仕入と取次の仕入が手を組めば、大手出版社に相当のプレッシャーをかけることができるはず。出版界の主導権は川上の大手出版社だが、いずれは取次&書店連合側に移っていく可能性もあるのではないか。

「サイゾーpremium」で続きを読む