NEW

韓国の大学で150人が緊急避難!……迷惑すぎる「偽爆弾騒動」の真相とは

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bom1207.jpg
20代男性2人が作ったニセ爆発物

【日刊サイゾーより】

 11月23日に起きた“靖国神社トイレ爆発事件”だが、最近になって現場に残された爆発物の乾電池が韓国製だったことや、不審な韓国人男性が目撃されてたことがわかった。今のところ、犯人が韓国人だと断定されているわけではないが、韓国国内でも事件に関する報道が急増している。さらになんの偶然か、爆発物関連の事件も多発している。

 12月1日、韓国の京畿道にある大学に爆発物らしきものが置かれ、学生と職員約150人が緊急避難。爆発物処理チームが出動する事件が発生している。幸い、被害が出ることもなく事件は当日のうちに解決したのだが、真相はなんともくだらない……

続きはこちら