NEW

バラエティ番組では使い物にならない!? 三代目JSBの飛躍でジャニーズ化が進むEXILE一族のテレビ戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

1512_unfair.jpg.jpg
三代目J Soul Brothers『Unfair World』

 師走に入り、テレビ業界も年末年始用の特番の準備に追われ、各芸能事務所のタレントたちは大忙しの時期を迎えている。

 12月初旬、渋谷やお台場などでバラエティ番組のロケ収録に挑む姿が目撃されたのは、三代目J Soul Brothersのメンバーたち。突如街なかに現れ、道行く人を驚かすサプライズを決行し、ツイッターなどのSNS上でも目撃情報が相次いだ。

「普通に渋谷の駅前を歩いていたら三代目JSBのメンバーがいて、びっくりしました(笑)。TBSのスペシャル番組の収録だったようです。なんでも、4時間まるっと三代目JSBをメインにした特番になるとの噂です」(現場に居合わせたファン)

『日経エンタテインメント!』(日経BP社)が毎年発表している「ヒット番付」でも、2015年の"西の大関"に選出された三代目J Soul Brothers。その飛躍は目覚ましく、それまでの歌手活動に加えメンバー各々がドラマ、映画、CM、バラエティーのMCなどさまざまなジャンルで活躍の場を広げている。

「三代目JSBがヘタなジャニーズよりも数字を持ち始めているというのは、もはや業界の定説です。雑誌に出せば売れ行きも好調だし、CDセールスもライブ動員数も文句ない。ジャニーズと違ってウェブ禁止という縛りもないので、広告にも起用しやすい。彼ら自身がSNSなどで率先して発信してくれるのも、クライアントにとってはありがたい話。メンバーの登坂広臣のインスタグラムはフォロワー数が100万人を超えましたから、その影響力は計り知れません。久々に数字を持つ若手スターが現れたなという感じです」(広告代理店勤務のA氏)

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せる彼らが、さらに盤石の地位を得るため、この年末にいよいよバラエティ番組進出の布石を打つというわけか。しかし、テレビ局スタッフはまったく違う見方をしているようだ。

「サイゾーpremium」で続きを読む