NEW

水木しげるは戦時中に麻酔なしで左腕を切断していた 現代の四肢移植・再接合技術は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

new_mizuki001.jpg
水木プロダクション公式サイト『ゲゲゲ通信』より

「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な漫画家、水木しげるが11月30日の朝、多臓器不全のため都内の病院で逝去した。享年93歳。水木氏は先月11日に自宅で転倒して入院、硬膜下血腫で緊急手術を受けた後の死であった。故人の冥福をお祈りしたい。

 朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」にも描かれていたが、水木氏は隻腕だった。というのも遣先のニューギニアで、敵の攻撃に遭い、左腕に大けがを負ってしまったからだ。

 著書には次のように記されている。
「寝ているところへ、大きな翼の敵機のマークが低空に見えたので、穴の中に避難しようと思ったが、体があまり言うことをきかない。そこへ爆弾。爆風とともに左手にショック、と同時に鈍痛。「やられたっ」と思っているうちに痛みはだんだん大きくなり、ものが言えない。血はバケツに一杯ばかり出たらしい。