NEW

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』が興収では2位なのに、動員では3位になった理由

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 12月に入って、遂にクリスマス&正月興行が本格的にスタート。先週末の動員ランキングは上位の5作品すべてが初登場。中でも、完全な独走状態で1位に輝いたのは『007 スペクター』。動員26万2663人、興収3億6222万1200円という土日2日間だけの数字を取り出すと、前作「007 スカイフォール」の8割弱の数字だが、初日金曜日を含めた3日間では動員34万6701人、興収4億7150万8100円。さらに、11月末の3日間限定先行公開を含めると、6日間で動員63万2959人、興収8億5598万3900円という堂々たる成績だ。

 ちなみにこの『007 スペクター』、日本での公開日は世界各国の中でもかなり遅い方だったが、今のところ公開されたすべての国で初登場1位を記録している。これ、当然のようでいて、近年、海外の映画マーケットとの乖離がますます進んでいる日本でもちゃんと1位を獲るというのは貴重なことになりつつある。

続きはこちら