NEW

人気カフェ「WIRED CAFE」創業者・楠本修二郎氏が語る仕事論とカフェ論

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『ラブ、ピース&カンパニー これからの仕事50の視点』著:楠本修二郎/日経BP社

 「キャリアの8割は偶然で決まる」。キャリア研究の中にはこんな考え方があるという。そして、この考え方を提唱したスタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授は、予期せぬ偶然が起きた時、どれだけ心の準備をしているかどうかが大事だと述べる。

 『ラブ、ピース&カンパニー これからの仕事50の視点』(日経BP社/刊)の著者である楠本修二郎さんの人生は、まさに予期せぬことの連続だった。

 大学を卒業後、リクルートコスモス(現コスモスイニシア)に入社するも、その2カ月後にリクルート事件が発覚、当時の池田友之社長の秘書として3年間奔走する。そこから、大前研一事務所などを経て37歳で独立し、カフェ・カンパニーを設立するものの、41歳のときに癌が見つかり、手術することになってしまう。

 それでも楠本さんは立ち上がる。そして51歳となった今では、「WIRED CAFE」をはじめとしたカフェブランドを全国で88店舗展開している、カフェ業界のカリスマ的存在だ。

 しかし、なぜ楠本さんはカフェをつくる事業を展開しているのだろうか? そこには若い頃に偶然遭遇してきた体験が基盤になっているという。

■若い頃の旅が楠本さんの人生を築き上げる

 楠本さんは大学生のころから数多くの国や地域を旅してきた。その旅先でさまざまな「カフェ的なもの」に出会ったことが、現在の仕事につながっているという。

 20歳のときに旅したシンガポールでは、地元の住民やビジネスマン、観光客がないまぜに集うオープンテラスに出会い、アジアの屋台街は、カルチャーを育む「カフェ」なのだと気づく。

 また、その4年後に行ったフィリピンでは、30人の兄弟たちとその家族を支える男性の自宅に招かれ、7歳の男の子がヤシの木に登り、12歳の女の子が裏の畑で牛の乳を搾って作ってくれたココナッツミルクジュースを飲ませてもらう経験をする。その美味しかったその味以上に、彼らが住む平屋に流れていた優しくて柔らかい空気に「カフェ的なもの」を感じたそうだ。

 楠本さんにとって旅は「自分の原風景に新たな見方を与えてくれるもの」。そしてその旅先には「カフェ的なもの」があり、それが楠本さんを魅了したのだ。

 ではなぜ、彼は「カフェ」に惹かれるのだろうか。それは以下のような魅力を「カフェ」が持っているからだと述べる。

・価値観や趣味性に感じ入ることで人が集まり、「共感」が生まれる場。
・「共感」を相手と分かち合いたくなり「共有」が起こる場。
・共有だけでなく、その場にいる者同士が「共振」し、新しいアクションが起こる場

 「カフェ」は共感、共有、共振が生まれる場――。こうした考えを背景に、「人と人がつながる場所」との想いから「WIRED CAFE」を作ったのだと明かされている。