NEW

「生きてる意味あるの?」「くるくるぱー」小学校女教師による“陰湿”いじめで不登校→裁判全貌!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

1208taibatu_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより


■小学校2年生の少女が教師から暴行・暴言

 さいたま市立の小学校に通っていたAさん(当時、2年生)が、担任の女性教諭(50代)から暴行や暴言を吐かれるなどし、心に傷を負ったとして、2013年11月に元担任、校長、教頭(いずれも当時)とさいたま市を相手取り、謝罪や慰謝料543万円を求める裁判を起こした。来年の3月には原告、被告双方の証人尋問が行われる。

 訴えているのはAさん(12)と母親(47)だ。さいたま地裁では、口頭弁論が開かれるたびに、この事件に関心のある若者たちや保護者が30人ほど傍聴に訪れている。

続きは【トカナ】で読む