NEW

ドラマ『科捜研の女』『CSI:科学捜査班』でおなじみの「科学捜査」 その仕事内容とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kagakusousa001.jpg
科警研が扱う守備範囲は広い(shutterstock.com)

 科学捜査(CSI:Crime Scene Investigation)。そのルーツをたどると、驚くべき事実が分かる。ヒントは文字だ。

 世界最古といわれるシュメール文字(楔形文字)が粘土板に刻まれたのは、およそ5500年前。2000年以上も昔の紀元前、古代ローマ帝国でも科学捜査の痕跡は数多く残されている。どのように文明が進んでも、古今東西、殺人、暴行、傷害、窃盗、誘拐、詐欺、偽造などの犯罪は性懲りもなく人生に降りかかる。人類の歩みは、人間の業ともいえる犯罪と闘ってきた歴史でもある。

 たとえば、古代ローマ帝国皇帝アウグストゥスの時代、すでに筆跡鑑定は日常的に行われていた。都市文明が発達し、人口の都市集中が加速すると、公私にわたる人間関係を調整したり、権利義務関係を法的にコントロールする必要性が生まれる。だが、公文書、権利書、遺言書などの偽造や変造などの経済犯罪もはびこり、社会に混乱が起きた。筆跡鑑定は、公正な契約社会を保つために欠かせない社会の安全弁の役割を担ってきたのだ。

 日本の状況はどうか? あの小野小町が生きた平安時代も、私文書の偽造が横行し、印鑑や花押(かおう)の真贋を調べる筆跡鑑定が習慣化していた。

 ただ、科学捜査に科学技術(サイエンス・テクノロジー)の英知が吹き込まれるのは、1932(昭和7)年に起きたリンドバーグ愛児誘拐事件まで待たなければならなかった。この事件では、史上初めて犯人の声を照合する音声鑑定が使われている。

経験とサイエンス・テクノロジーを融合した鑑識は科学捜査の最前線!

 さて、最新の科学捜査は、どのように進められているのだろう? 大人気TVドラマの『科捜研の女』や『CSI:科学捜査班』でお馴染みのように、科学捜査は、刑事、鑑識官や科学捜査研究所(科捜研)、検視官が三つ巴になって真犯人を追いつめ、絞り込んでいく。