NEW

水卜麻美アナ、最強人気には秘密があった!全世代で人気トップ、「転落の危機」も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水卜麻美アナ「日本テレビ アナウンスルーム」より
 12月9日に「ORICON STYLE」が発表した「好きな女性アナウンサーランキング」で、日本テレビの水卜麻美アナが1位に選ばれた。水卜は2013年、14年もトップになっており、見事に3連覇を達成した。

 2位はフジテレビの加藤綾子、3位はNHKの有働由美子と人気アナが並ぶ中、4位には昨年の10位から大きく順位を上げたフジの山崎夕貴、5位にはNHKの桑子真帆が初のランキング入りを果たすなど、変動もみられた。ちなみに、水卜は唯一、日テレのアナとしてトップ10入りしている。

「好きな女子アナ」といえば、元フジの高島彩が08年に5連覇を達成し、殿堂入りを果たしている。『ヒルナンデス!』『有吉ゼミ』『幸せ!ボンビーガール』など多くの番組に出演する水卜の快進撃は、いつまで続くのだろうか。テレビ局関係者は、以下のように語る。

「水卜は昨年、入社5年目の早さで『24時間テレビ』の総合司会に抜擢され、今年も2年連続で大役を無事に務め上げています。もはや、“日テレの顔”であることは間違いないでしょう。

 かつて、人気の女子アナといえば、“カトパン”こと加藤綾子が圧倒的でしたが、その加藤でも同ランキングは2連覇止まりで、3連覇を水卜に阻止されたという経緯があります。今回、水卜は男女別をはじめ、10~50代すべての世代別でトップになっており、その強さは圧倒的です。

 最大の危機は、今夏に浮上したジャニーズタレント・横山裕(関ジャニ∞)との熱愛疑惑でしょう。スポーツジムや横山の自宅マンションなどで逢瀬を重ねていると伝えられ、水卜はジャニーズファンから大バッシングを受けました。また、2人は『ヒルナンデス!』で共演していることから、『共演者、しかもジャニタレに手を出すというタブーを犯した』ともいわれ、一時は局内での立場も危うくなったといわれます。

 しかし、そんな苦境を乗り越えて3連覇を達成したわけですから、人気は盤石といえるでしょう。業界内では『“高島超え”を果たすのは水卜しかいない』という声も上がっています」

「隣のデスクにいそう」「笑顔を見ると元気になる」


 水卜といえば、豪快な食レポで人気を博し、ぽっちゃり系の食いしん坊キャラとして一気にブレイクした。最近は「ぽっちゃりの領域を超えつつある」「丸さの限界」といわれることも多く、ストレスや過労が心配されていたが、人気のほうは衰えを知らないようだ。