NEW

“極上音響上映”仕掛け人が語る、これからの映画館のあり方「ほかの視聴環境では味わえない体験を」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 スペースシャワーTVにて『フラッシュバックメモリーズ3D』、『劇場版BiSキャノンボール』、『私たちのハァハァ』などの話題作を手がけてきた高根順次プロデューサーが、映画業界でとくに面白い取り組みを行っているキーマンに、その独自の施策や映画論を聞き出すインタビュー連載「映画業界のキーマン直撃!!」。第一回は、音質・音響にこだわった遊び心溢れる映画館「立川シネマシティ」にて、「極上音響上映」「極上爆音上映」などの特別上映を手がけ、映画業界で注目を集める仕掛け人・遠山武志企画室長を直撃。“映画館を作る”という仕事の面白さから、映画業界を活性化させるためのアイデア、いまの映画館が抱えている課題についてまで、ざっくばらんに語ってもらった。

・「映画業界のシステムは、デジタルのメリットを活かしきれていない」

ーー遠山さんが立川シネマシティで働き始めて17~18年ということですが、映画業界を見てきて、いま疑問に思っていることはありますか?

遠山:いきなり攻めの質問ですね(笑)。ここ最近の話なんですが、2011年頃、ほとんどの映画館が35mmフィルム上映からデジタル上映に切り変わったんですけど、そこそこの映画ファンとか、デジタル機器好きの方以外にはあまり知られてないですよね。

続きはこちら