NEW

AKB、悪すぎる態度に報道陣が「唖然」と怒り!書籍や映画も軒並み悲惨な結果…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48劇場(「Wikipedia」より)
 AKB48の“ぱるる”こと島崎遥香が11月28日、自身のファッションフォトブック『ParU』(主婦と生活社)発売記念女子限定握手会イベントに出演。イベント前に開かれたマスコミ向けの会見では、質問に対する島崎の返答に唖然とする記者が続出していたという。

 島崎といえば、9月16日のAKB48恒例行事「じゃんけん大会2015」を欠場したり、同6日の握手会も体調不良で欠席しながら、同11日(現地時間)に仏パリで開催された「第21回エトランジェ映画祭」で主演映画『劇場霊』が上映されるため、現地で滞在を満喫する様子をトークアプリ・755に書き込み、批判が殺到。そこまでしてプロモーションに気合を入れた同作だが、11月21日に公開されるも初週興行収入が5720万円と惨憺たる結果となってしまうなど、ネガティブな話題が続いている。

「今回のフォトブックは、私物や私服によるコーデの紹介、入浴シーンの写真などが見どころ。しかし、2013年発売のファースト写真集『ぱるる、困る。』(集英社)の初週売り上げが2万7874部だったのに対して1万2032部(オリコン調べ)と売り上げは半減し、勢いが落ちています。この理由として、島崎が男性ファンを切り捨てるかのような言動を繰り返していることが原因ともいわれています」(芸能記者)

 といった具合に、これといった良い話題のないままイベント当日を迎えたが、会見前にはこんな一幕があったという。

「11月12日深夜の755で、左足の甲をヤケドしたことを明かしていた島崎ですが、この日も左足に包帯をしたまま登場。会見直前にはPRスタッフから、全身写真はNGとアナウンスされたのですが、同15日のイベントではそんなこともなく全身を撮らせていただけに、『なんで今日だけ?』と疑問の声が。ほかにも『会見中に(島崎が)疲れて座るかもしれません』という通達がありましたが、途中でいきなり座られると撮影に支障が出るため、最初から座ったままでスタートしました。ただ、島崎本人は体調について『大丈夫です』と、まるで気にしていないようでした」(テレビ局関係者)

 島崎と進行スタッフのかみ合わなさに記者から苦笑が漏れるなか、イベントが「女子限定」になった意図について質問が飛ぶと、島崎は意外な返答をしていた。

「即答で『特にないですね』とひとこと。『特に女の子に読んでほしいのでは?』とも尋ねたのですが、『そういうわけではないですけど、女の子が着る服なので、女性のほうが見る機会が多いんじゃないかなと思います』と、そっけなく説明していました。一体何がしたいのか、正直理解に苦しみました。あまりの対応の悪さに、腹立たしい思いを抱いた報道陣も少なくありませんでした」(同)

 島崎の持ち味である“塩対応”も、報道陣を敵に回すほどのレベルになれば考えものだろう。
(文=編集部)