NEW

ここから新しい時代が始まるーー河原一久氏が語る『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の展望

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 12月18日18時30分の公開まで、いよいよ1週間を切った『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。同シリーズの字幕監修を手がけてきた河原一久氏が、あらゆる情報を集めて、『スター・ウォーズ』(以下、『SW』)を深堀りし、分析した書籍『スター・ウォーズ フォースの覚醒 予習復習最終読本』が去る11月18日に刊行された。同書は、『予習復習最終読本』というタイトルのとおり、ビギナーからマニアまで楽しめる、『SW』の現在過去未来について書かれた内容になっている。リアルサウンド映画部では、河原一久氏にインタビューを行い、同書の執筆意図や、『SW』現象の特殊性、さらには、公開を間近に控える『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がどのような作品になるのか、話を聞いた。

「そのときどきの時代が必ず反映されるのが『SW』」

――本書を読んで印象に残ったのは、「過去作がいかにすごかったのか」よりも「新作がどうなのか」、そして「今後どうなっていきそうなのか」に多くのページを割いている点でした。

河原:16年前……99年に『エピソード1』が公開されるときなら、過去作の話だけで良かったと思います。77年から83年までの三部作が、当時の人々にとって、いかに衝撃的だったのかっていう。だから、当時はそういう本を、僕も書いていたんですけど、そこからさらに年月が経っているので、もうそのテイストでもないなって思ったんです。

続きはこちら