NEW

スッと治すから「ストナ」、後が楽だから「コーラック」……ダジャレで決まる?薬のネーミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

69706-2.jpg
市販薬のネーミングは奥深い…Radu Bercan / Shutterstock.com

 年末年始の暴飲暴食期が始まり、胃腸薬の服用が相対的に増える季節だが、20歳以上の男女555人が回答した『胃腸薬に関するアンケート』(ジャストシステム調べ)の集計結果がなかなか面白い。今回は「ネーミング効果の実態」が読み取れる回答事項を紹介しよう。

 いずれも胃腸薬の服薬経験がある男女が対象だが、「名前から最も効きそうな市販の胃腸薬はどれですか?」の問いに『ガスター10』(第一三共ヘルスケア)と回答した層が25.6%で首位。これは濁音名のインパクトが奏功した結果だろうか。次いで「名前が最も覚えやすい市販の胃腸薬は?」と訊かれて「キャベジン」(興和株式会社)が1位獲得の25.6%、こちらは昭和発の貫禄勝ちか、平易で秀逸な販売名が世代を超えての印象を残すのだろう。

 もう一つの質問「最も親しみやすい名前の市販胃腸薬は?」で25.0%の筆頭支持を得たのが『太田胃散』(株式会社太田胃散)。愚直にも社名そのままで勝負しながら、別項「最も頼りにしている胃腸薬は?」の問いでも20代から最高の支持を得ているのは名付け親冥利に尽きるだろう。

 では、薬の信頼度や売り上げを左右する名称はどうやって生まれるのか?