NEW

菜々緒の“怖すぎる悪女ぶり”を描き切る『サイレーン』 最終回も大映ドラマ的演出で突っ走る?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 殺人鬼と化した菜々緒が怖すぎると話題の『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ)がいよいよ最終回を迎える。

 この火曜夜10時の関西テレビ制作のドラマ枠は、かつては草彅剛が主演した『僕と彼女と彼女の生きる道』や、阿部寛主演の『結婚できない男』など、人間ドラマを面白く描く秀作が多く作られ、幅広い年齢層が楽しめる枠だ。しかし、視聴者の求めてくるクオリティが高水準なだけに、その評価も厳しくなりがちで、視聴率的には苦戦している時間帯となっている。そんな状況を見るに、背水の陣でのスタートとなったといえるのが『サイレーン』だ。松坂桃李、木村文乃という若手の人気役者を起用したドラマとは言え、山崎紗也夏の漫画原作はかなりハードなサイコサスペンスものなので、視聴者を選ぶ内容となっている。この挑戦的なドラマを支えるのが、社会現象になったドラマ『ずっとあなたが好きだった』で佐野史郎が演じた桂田冬彦に匹敵するぐらい、とにかく怖い悪女役がハマり過ぎている菜々緒の存在である。

続きこちら