NEW

ジャニーズ、謎&痛々しすぎる「近藤真彦推し」の真相…メリー副社長の「異常な愛情」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 今年の芸能界は、例年にも増してジャニーズ事務所が目立った年だった。大みそかの『第66回 NHK紅白歌合戦』には、近藤真彦、SMAP、TOKIO、V6、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zoneと同事務所最多となる7組もの所属タレントが出場。なかでも近藤真彦は35周年、V6は20周年を迎え、メディア出演も多かった。

 だが、タレント以上にインパクトを残したのは1月、「週刊文春」(文藝春秋)に掲載されたジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長のインタビューだろう。実に30年ぶりのメディア登場となったメリー氏は同誌のなかで、「マッチ(近藤真彦)のお母さんはジュリーのために新築した家に彼女の部屋まで作ってくれた」と発言。ジュリーとはメリー氏の娘で事務所副社長の藤島ジュリー景子氏だが、ジュリーと近藤真彦とのただならぬ関係に言及。さらに、SMAPのマネージャーである飯島三智氏を呼びつけ、「飯島、うちのトップは誰?」と聞き、「近藤真彦です」と答えさせる場面もあった。芸能界関係者が話す。

「このインタビューで、図らずもメリー氏の尋常ではない“マッチ推し”が露呈された。そして、インタビューを裏付けるように、今年は近藤の年になった。しかし、新曲が売れるわけでもなく、“マッチ人気”など存在しません。もちろん近藤の過去の実績には素晴らしいものがありますが、ジャニーズ事務所ではメリー氏に寵愛されることがいかに大事かを実感させることになりました。また、今年の“推し”ぶりで、ジャニーズファンがさらに近藤に対する嫌悪感を抱いた側面はあるでしょう」

 35周年を迎えた近藤は今年、後輩の番組に数多く出演し、後輩をバックにかつてのヒット曲を歌う場面も見られた。『FNS歌謡祭』では近藤の歌唱シーンになると、会場にいたジャニーズ所属タレントが総立ちとなり、綺麗に手拍子を揃え、歌い終わると「アンコール!」という声まで上がった。

「局側としては近藤だけでは数字が伸びないという考えがある。だから、ジャニーズタレントのカットを挟み込むことで、チャンネルを替えさせないようにするのです」(同)

 それでも、近藤の全国ツアーのチケットはオークションで数万円に上る高値が付くほどの人気ぶりだった。だが、それは近藤の価値というよりも、バックに付くジャニーズJr.であるTravis Japan(トラビス・ジャパン)目当てのファンが多数いたからだといわれている。