NEW

成功率90%以上 メタボ島と呼ばれた離島での医療から生まれた「究極のダイエット」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

pig.jpg
沖縄では豚を「鳴き声以外は全て食べる」サガルマータ/PIXTA(ピクスタ)

 “健康長寿の島”から“メタボ島”と言われる沖縄。沖縄県は働き盛りの死亡率が全国的に高く、急性心筋梗塞や脳血管疾患で死亡する人が多い。生活習慣病のリスクを高める「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」該当者と予備軍を合わせると、男女とも40代以上で全国平均を上回っている。

 その沖縄で20年以上診療した経験から、肥満、生活習慣病の原因を解明した医師がいる。「こくらクリニック」(沖縄県那覇市)院長の渡辺信幸医師だ。食事を変えるだけで肥満、メタボが劇的に改善することで、日々、実際の診療で指導し、驚く程の効果をあげている。

 「これまで4000人を超える患者さんのダイエットを成功させてきました。成功率は90%以上で、体への無理な負担もリバウンドもありません。生活習慣病の改善に熱心に取り組むようになったのは、離島医療に携わってきた経験によるもの」

 赴任先では、島外搬送を余儀なくされる重い病気にならないよう、全島民の健康に目配りする義務があった渡辺医師は、肥満を解消すれば「メタボリックドミノ」が防げることにたどり着いたのだ。