NEW
松庭直「女一人、命懸けの竹島上陸記」(後編)

竹島が韓国人のパラダイス化!命懸け上陸記!特製Tシャツ販売やカフェも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹島(「Wikipedia」より/ITurtle)
 韓国に実効支配され、日本人を寄せ付けない孤高の島、竹島。その支配から60年が過ぎ、竹島は今どうなっているのか。そこは、韓国人の“パラダイス”と化していたのであった――。

 私が日本人だとわかった瞬間、フェリー会社の職員から「チケットは売り切れました」と乗船拒否を受けた。一瞬諦めかけたが、飛行機とバス、船を乗り継いで3日もかけてこの鬱陵島までやってきたのだ。このまま目標を達成せずに帰国するわけにはいかない。

 そこでフェリー会社とのすったもんだの末、埒があかないので隣接する旅行案内所で相談することに。案内員は「2年前くらいに、日本国旗を持った日本人が竹島に上陸したんですよ。それから厳しくなりました。今、竹島に行くためには書類を提出して許可を得る必要があります」と説明してくれた。「どうしても行きたい。行って、現状を見たい」と熱意をアピールすると、私のしつこさに負けたのか「そこにある警察署で相談すればなんとかなるかもしれない」と助言してくれた。
 
 警察署といっても、駐在所レベルの小ぢんまりとしたもの。私がドアを開けても、一瞥するだけで微動だにしない。しかたなく目の前にいた警察官に事情を説明すると、「それは無理だ」と一蹴された。私がしつこく「竹島を見ないと日本へ帰れない。これだけ日韓で問題になっている場所だから、一度は見てみたい」とここでも熱意をアピールすると、警察官は「ちょっと待っとけ」と言って電話を始めた。どうやらフェリー会社と交渉してくれているようだ。

 待つこと5分弱。その間、別の警察官がコーヒーを出してくれるなど、平穏な空気が流れ始めた。しばらくして警官が戻ってくると、突然「パスポートを貸せ」というのだ。「何事か?」と訝しがったが、コピーを一枚とられただけだった。「国旗は持っていないだろうな」と鞄も入念にチェックされる。鞄を差し出し、「日本人は国旗なんて持ってないし、買う場所もない」と軽く嫌味を言ってやった。しかし、この警察官のおかげで乗船許可が下り、無事にチケットを手に入れることができたのだ。

ついに上陸


 警察官からは「フェリーでは日本語を話すな」とクギを刺されていたので、無言で約1時間半乗船。上陸直前、前方にあるテレビ画面からは陽気な音楽が流れだす。世界的にヒットしたPSYの『江南スタイル』だ。しかし、PSYの姿はなく、よく見ると舞台は竹島ではないか。独島警備隊の隊員たちがメロディにのり、ヘリポートや桟橋などでリズミカルに踊っている“独島スタイル”のPVを見せつけられた。