NEW

宮台真司の『恋人たち』評:〈世界〉を触知することで、主人公と観客が救われる傑作

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 橋口亮輔監督の『恋人たち』(11月14日公開)は素晴らしい映画でした。多くの人がすぐに想起するのはポール・トーマス・アンダーソンの『マグノリア』(2000年日本公開)でしょう。ともに複数の主人公が立つマルチスレッド・ストーリーで、最後に「救われる」作品です。尤も、『マグノリア』では、観客に救いが訪れるのに必ずしも主人公たちには訪れない。『恋人たち』の場合、3組の主人公たちが救われることで観客も救われる。そこに構造上の違いがあります。しかし、重要なのは共通する要素の方。すなわち、両作ともギリシャ悲劇的なのです。

 ギリシャ悲劇はいわゆる三幕物の起源であり、日本の雅楽や義太夫で言うと「序・破・急」の構造を持ちます。黒沢清監督『岸辺の旅』の評(宮台真司の月刊映画時評 第3回:『岸辺の旅』評 )でも触れたように通過儀礼の構造と同じで、「序」は離陸面、「破」は混沌、「急」は着陸面となる。混沌を経験する前と後では<世界体験>の在り方が変わるので、離陸面と着陸面との間にはギャップが生じます。つまり、主人公は成長していたり、大きく転向していたりするのです。

参考:続きはこちら