NEW

長谷川京子、離婚秒読みか…夫の不倫報道に重大疑惑、長谷川の悪評と執念

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すすきのの歓楽街(「Wikipedia」より/Wing1990hk)
 ハセキョーの愛称で人気を博したモデル出身の女優、長谷川京子の激やせぶりを心配する声が相次ぎ、芸能記者の間では離婚間近との声が広がっている。激やせが話題となったきっかけは、インスタグラムに掲載された写真だった。2008年10月にロックバンド・ポルノグラフィティのギタリスト新藤晴一と結婚。翌年5月に第1子となる男児を出産。12年1月には第2子となる女児を出産し、2児の子育てと女優業との両立が激やせの原因とする見方が多い。

 そんな長谷川の苦労に追い打ちをかけたのが、夫・新藤の不倫疑惑である。今月発売された写真週刊誌「フライデー」(講談社)は、北海道札幌市の歓楽街すすきので、新藤が小西真奈美似の長身美人とネオン街へ消えていったと報じたのだ。

 新藤と長谷川を知る芸能界関係者は語る。

「彼の女好きは昔から有名です。長谷川は産後の仕事復帰が早かったですが、2人のお子さんのことを考えると、やはり以前のように本格的な活動は難しい。来年1月スタートの連続テレビドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(日本テレビ系)に出演することが決定しています。小さいお子さんを抱える女優に連ドラの撮影はハードですが、彼女の中ではすでに離婚を決意しているようです」

 結婚している女優が、映画の大作や連ドラなど拘束時間の多い仕事に本格復帰するのは、実は離婚の準備をしているタイミングであることが多い。芸能記者が語る。

「長谷川は、仕事に貪欲なことで知られていますが、映画監督の間でも彼女の演技を酷評する人が多いのは事実。つまり人気に実力が伴っていないのですが、なぜここまで成功できたのか。その裏には、売れるためならどんな努力も厭わないという性格があるのです。芸能人が自身の離婚を有利に進めるため、相手の評判を下げるという方法がしばしば取られますが、長谷川や所属事務所の性格を考えれば、新藤の不倫情報を週刊誌側に流している可能性は十分に考えられます。いずれにせよ芸能記者たちは、離婚が近いのは間違いないという前提で動いています」

 2人の周辺が騒がしくなりつつあるようだ。
(文=編集部)