NEW

三重スパイを疑われた在日韓国人女性の壮絶人生「ラブホ最上階に住んでいて…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

911GBfefvNL.jpg
画像は、『実録・北の三叉路』(双葉社)より

 朝鮮半島出身の父と、在日韓国人2世の母をもつ在日コリアン2世の女性、安宿緑(やす・やどろく)氏が執筆した爆笑系の自伝書『実録・北の三叉路』(双葉社)を紹介したい。

 三叉路とは、三叉に分かれたいわば「Y字路」を指す。本書ではこの「3」が大きなテーマとなっており、「日本・韓国・北朝鮮」どこにも属さず、三重スパイの嫌疑をかけられたこともある三十路の著者の目線はいつもY字路の真ん中に立っている。

 また、筋金入りの腐女子である著者は、オタク目線から日・韓・北の「リア充・非リア充」たちを観察し続ける。つまり、ここにもY字路が存在し、カルチャー的な目線から三国を眺めたときの特殊な見え方が本書の見所でもあり、読者の笑いを誘う要素となっている。

 しかも、著者が影響を受けているのはBL漫画をはじめ、『聖闘士星矢』『スラムダンク』などの日本の漫画。つまるところ、日本の漫画に影響を受けつつ、北朝鮮の教育を学び続けたということになる。そんな著者のアイデンティティは、それはもう日本人が想像することすらできないほど複雑に歪んでいるといっていいだろう。ある時は金日成に抱かれてもいいと思いながら成長し、ある時はニュージーランド人と付き合い、そしてある時は二次元に思いを馳せる。日本では公安に追いかけられたり、右翼に襲撃されたり。北朝鮮に行ったら行ったで「ズボン履いてるから」という理由で5、6回も軍人に捕まるのだ。あまりにもファンキーすぎる人生ではないだろうか? それだけではない。

続きは【トカナ】で読む