NEW

フジ、大みそか格闘技中継に「黒い疑惑」!コンプラ問題&中止騒動の関係者が主導か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIZIN FIGHTING FEDERATION HP」より
 2015年12月31日、かつて一世を風靡した大みそかの格闘技イベントが復活する。選手、スタッフともに全盛期に活躍したメンバーを集め、フジテレビでの生中継も決定した。

 とはいえ、国内の格闘技業界の景気は冷え込んでいる。そのきっかけとなったのは、06年に電撃的に格闘技中継を取り止めたフジ自身だ。当時、世界的なイベントだった「PRIDE」がフジにより放送されていたが、フジは突然放送を中止し、その理由について、各メディアでは「コンプライアンス(法令遵守)の観点から」と報道された。

 しかし、フジはかつての関係者と手を組み、大金をかけた興行を再び行おうとしている。大みそかの格闘技イベントの裏で、何が起こっているのか。ビジネスの観点から探ってみた。

コンプライアンスどころではない、フジテレビの現状


 この秋、突然「RIZIN FIGHTING FEDERATION」という団体が立ち上がり、12月29~31日にさいたまスーパーアリーナで格闘技イベント(大会を行うのは29日と31日の2日間)を開催すると発表した。

 そして、31日の大みそかにはフジが中継番組を放送することも、併せて発表された。「RIZIN」の代表を務める榊原信行氏は、「PRIDE」を手がけた興行会社・ドリームステージエンターテインメントの代表取締役だった人物である。また、「RIZIN」のスタッフは、以前の「PRIDE」のそれとほぼ同じといわれている。

 さらに、「PRIDE」の元統括本部長で、最近ではバラエティタレントとして活躍している高田延彦も、「RIZIN」の統括本部長として“復帰”を果たした。事情に詳しいテレビ業界関係者は、こう語る。

「大みそかの企画をフジに持ち込んだのは、PRIDE時代の関係者という話です。ただ、今回は以前にPRIDEなどの番組を制作していたスポーツ班ではなく、バラエティ班が担当するようです」

 近年のフジは低視聴率にあえいでおり、業績も悪化する一方だ。昨年の大みそかは人気アニメ『ONE PIECE』を放送したものの、視聴率3.3%と民放の中で最低を記録している。もはや、コンプライアンス問題などを気にしている場合ではなく、何がなんでも視聴率を取らなければならない状況なのだ。

 そこで、かつて世界最強といわれたエメリヤーエンコ・ヒョードルや、グレイシー一族に強いことから“グレイシー・ハンター”として活躍した桜庭和志など、過去の有名選手を呼び寄せてマッチメイクを行った。

 さらに、03年の大みそかに最高瞬間視聴率43.0%を稼ぎ出して「打倒紅白」を果たした黄金カード「曙vs.ボブ・サップ」の再戦まで決めている。