NEW

あの超人気タレント、撮影現場で異常行為!共演者やスタッフの「半端ない評判」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
藤田ニコルのオフィシャルブログより
 今年、大ブレイクした“おバカタレント”の藤田ニコル(17)。今やテレビのバラエティ番組で見ない日はないほどの引っ張りだこで、今月9日の「Yahoo!検索大賞2015」のモデル部門賞を受賞したことからも注目ぶりが窺える。


「間違いなく、今バラエティ番組で一番使いやすいタレントですね。似たような枠には鈴木奈々やダレノガレ明美がいますが、鈴木は旦那との暮らしぶりを中心に下ネタが増えてきているし、ダレノガレはタメ口というより毒舌キャラでNGも多いんですよ。その分、ニコルはスキャンダルがないし、トーク力も抜群で頭の回転が速い。何より共演者からの気に入られ方が半端ないので、どんなジャンルの番組でもキャスティング側が起用しやすいのです」(テレビ局芸能デスク)
 
 複数の業界関係者に取材をしても、悪い噂がまったく聞こえてこない。「まだ17歳ということもあるし、来年も確実に生き残るタレントの1人」(スポーツ紙記者)とまでいわれているが、唯一心配されているのが人気ゆえの殺人的スケジュールだという。

「もともとモデル出身ということもあり、彼女はタレントとして有名になった今でも『popteen』の専属モデルとしてモデルの仕事を大事にしています。そのため、どれだけ忙しくても雑誌の撮影のスケジュールを優先しているのですが、撮影現場でのニコルは“大丈夫?”と声を掛けちゃうほど疲れが溜まっています。先日の撮影でも床に大の字になって、『もうダメだー。全然寝てない』と呟いていたと思ったら、そのまま寝始めてしまいました。周りのモデル仲間や撮影スタッフにも弱音を吐かない子ですが、ここ最近は疲れを訴えることが増えていますね」(出版社関係者)

 事実、今月7日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にゲスト出演した際も、1カ月に1日しか休みが取れないほど忙しい生活を送っていることを話していたニコル。現役高校生として芸能界と学業の両立を目指している彼女は、今月2日に自身のTwitterで「頭のなかに学校を入れておくと毎日泣きそう」と心情を吐露している。

「高校の冬休みが始まれば、年末年始特番の現場に引っ張りだこになるでしょう。そして来年は18歳になってテレビの収録時間も遅くまで可能になりますから、仕事の時間も自然と増えていくはずです。そうなると、彼女の疲労が頂点に達して、これまで通りのパフォーマンスが出せるのかが少し不安ですね」(前出の芸能デスク)

 現役高校生、モデル、タレントと3つの顔を持つ売れっ子の17歳に、休める場所はあるのだろうか。
(文=編集部)