NEW

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、ヴィンテージ風の仕上がりとなった理由

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 「スター・ウォーズ」は、1977年の本国での第一作公開以来、娯楽性の高さから、世界中で多くのファンを生み出し、その影響は映画界のみならず、様々な分野へと波及している。今までに、ルーク・スカイウォーカーとダース・ベイダーの戦いを描いた「旧三部作」、将来を嘱望されたジェダイ、アナキンがフォースの暗黒面に堕ちるまでの過去の時代を描いた「新三部作(プリクエル・トリロジー)」という、計6作品が作られてきた。

 今回の7作目は、旧三部作の30年後を舞台にしたものとなる。物語は、砂漠の惑星ジャクーで廃品を回収しながら生計を立てている孤独な少女と、脱走したストームトルーパー、フィンが、力を合わせて、再び銀河の覇権を握ろうとする帝国軍の残党勢力「ファースト・オーダー」と戦い、新たなフォースの暗黒面の使い手、カイロ・レンと対峙するというものだ。

続きはこちら