NEW

『報ステ』古舘の後任に高橋みなみ浮上か…待望論広まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『リーダー論』(講談社/高橋みなみ<AKB48>)
 12月20日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、AKB48高橋みなみ、女優・前田敦子、HKT48・指原莉乃の3人が登場した。


 先日、2016年3月28日に卒業することを発表した高橋は、2人から「総監督って、結局、何してました?」「あれ(拡声器)を使える人じゃない?『集まれー』って言える人」と言われると、「一番大変だったのは、責務というか、『責任を全部請け負う人』ってなった感じ」と、心境を吐露した。

 指原が「迷惑かけた身なんで……」と恐縮しながら、「スキャンダルが起きた時に、たかみなにコメントが求められるじゃないですか」と言うと、高橋は「プライベートを監督する人はいない。それは自己責任だし、そこは私は何も言えない」と、苦しい立場だったことを明かした。

 また、指原から「結婚しないんですか? まだ」と聞かれた前田は、「絶対しないでしょ」と断言。「24、25歳ぐらいで一回憧れる」「もう、それをすぎちゃったかもしれない」「40歳までにできればいいかなって思ってる」と結婚観について語った。

 さらに前田は、理想の相手について「やりたいことやって、自由な感じの女でいいよっていう人と結婚したい」「恋愛は、同じ年くらいの人か、すごい年上の人としてみたい。20歳ぐらい上の人」と明かした。テレビ局関係者が語る。

「前田は、結婚間近ともいわれていた歌舞伎俳優・尾上松也と、6月末に破局していたことが、一部週刊誌によって伝えられました。これまでも破局が報じられたことはありましたが、同番組での発言を鑑みても、破局は決定的といえそうです。

 かねてからプレイボーイといわれていた尾上は、前田との交際報道後もラジオ局プロデューサーの女性との車中キスを撮られるなど、浮気癖が治らないとされていたため、業界内では『別れたのは、前田のためにはよかったのではないか』との声もあります。

 めでたく結婚して“梨園の妻”となったとしても、伝統や格式を重んじる歌舞伎界では、今後の活動に制約も生まれかねません。そういったしがらみを断ち切り、『結婚してもやりたいことをやらせてほしい』という発言は、今の前田の本音でしょう」

AKBファン「高橋を『報ステ』後任に……」


 番組後半では、高橋から「さっしーは、ずっとバラエティでいきたいの?」と聞かれた指原が「私は幸せな人生を歩みたい」「人生不安すぎて、本当にお金を死ぬほど貯めてる。怖くて」と語る一幕もあった。