NEW

コーヒーにこだわるなら「コーヒーフレッシュ」にも注意!植物油を白く濁らせた添加物のかたまり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

coffeefresh.jpg
コーヒーにこだわっても“ミルクもどき”? スミレ/PIXTA(ピクスタ)

 登場期は「薄利な客寄せ商材に過ぎないのでは」との過小評価もささやかれた、コンビニの「淹れたてコーヒー」。今ではカウンター商材の顔として君臨するまでの存在感を見せ、客も手馴れた感じでカップに注ぎテイクアウト。

 缶コーヒーに比べれば、挽きたて淹れたてのコーヒーは香りも豊かで、「○○コンビニがお気に入り」などのこだわり愛飲者も増えている。

 豆の種類やブレンド、ドリップ方法などに各社こだわりを見せるが、小容器に小分けされて備え置れた「コーヒーフレッシュ」はどれも似たようなもの。消費者もあまり関心をもっていないように感じるのは、気のせいだろうか。

 安価で身近なコーヒーフレッシュの使い道は、何も“珈琲の友”にかぎらない。卵焼きやカルボナーラ、フレンチトースト……、ネットに投稿されたレシピには、隠し味としてコーヒーフレッシュを加えたものが散見できる。

 保存も簡単で便利このうえないコーヒーフレッシュだが、フレッシュでもなんでもない“なんちゃってミルク”。植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたものだ。その成分には、あまり注意を払っていないのではないか。