NEW

病原菌に感染していると色が変わる絆創膏〜身近な医療品が次々にスマート化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

cerotto.smart.jpg
病原菌の有無で英色が変わる絆創膏(写真:UNIVERSITY OF BATCH)

 傷口を覆い、もし悪い病原菌に感染している場合は「色」が変化して判別可能となる革新的な絆創膏が開発された。このカメレオンの特性を連想させる理想の絆創膏を共同で編み出したのは、英国・バース大学とブリストル王立小児病院の研究者たちだ。

 病原菌に感染した傷口は治るのが遅れ、傷跡も残しやすく、敗血症という深刻な事態に繋がる場合もある。最悪、死に至る可能性もありうるが、難儀なのは感染の有無の判断だ。

 感染の診断は長ければ48時間も要するとされ、子供相手の場合などには予防目的の暫定処置として抗生物質を投与することも珍しくない。しかし問題は、そのタイミングだ。薬を投与することで細菌が耐性を持てば、むしろ事態を悪化させかねないリスクを負ってしまうからだ。

変色絆創膏と絆創膏状体温計が誕生!

 はたして感染しているのか否か、抗生物質を投与すべきか否か……。その判断を変色によって教えてくれるという一目瞭然な絆創膏。これは目に見えないほど微細にして局所での薬物の持続的放出が可能な「ナノカプセル」に蛍光色の緑色の染色剤を仕込んだものだとか。