NEW

「岡村隆史は芸無し」と芸人間で酷評!持ち味失い「芸能界のご意見番化」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6』(ワニブックス)
 視聴率の低迷が止まらないフジテレビだが、ついに、かつての人気番組にも打ち切りの話題が持ち上がっている。


 1996年にスタートし、毎週土曜20時台から放送されている『めちゃ×2イケてるッ!』は、かつては最高視聴率33.2%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)を記録したこともある超人気番組だった。だが、それももはや過去の栄光だ。最近ではスペシャル企画でも、視聴率10%にすら遠く及ばない。なぜ、このような事態になってしまったのか。

「フジテレビが企画力を失くし、つまらないと言われるようになった時期と、『めちゃイケ』がつまらないと言われるようになった時期はちょうど同じくらいです。結局、『めちゃイケ』は出演者たちよりも、番組の企画力でもっていたのかもしれません」(テレビ局関係者)

 たしかに、かつての『めちゃイケ』は、「ヨモギダ少年愚連隊」シリーズやオファーシリーズ、「クイズ濱口優」「笑わず嫌い王」「やべっち寿司」といったものから、「七人のしりとり侍」や「数取団」といった、子どもたちがまねしたくなるような遊びまで、今でも語られるほどの名物企画ばかりだった。

 だが、筆者の主観では、『めちゃイケ』を人気番組に押し上げたのは、やはり中心となっていたナインティナイン、特に岡村隆史のキャラクターにこそあったように感じる。しかしその岡村も近年では、かつての勢いは微塵もない。

「ナイナイは基本的に番組進行に忠実です。打ち合わせや稽古、台本読みといった準備をほかの芸人たちよりもはるかに熱心にやります。だから長時間の特番などで重用される。ですが、テレビの予定調和みたいなものが敬遠されるようになった昨今では、視聴者は物足りなさを感じてしまうのかもしれません」(同)

 今年の夏に放送された『FNS27時間テレビ めちゃ×2ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!』に出演した明石家さんまが、「めちゃイケ班」を中心とする番組スタッフに、台本で芸人をがんじがらめにする番組構成について「お前たちは芸人をわかっていない」と激怒したと12月12日付の東スポWebで報じられた。それに対し、「もしかするとそこには、ナイナイへの苦言も含まれていたのかもしれない」と関係者は語る。