NEW

平日の『スター・ウォーズ』、週末の『妖怪ウォッチ』 正月休み突入で『SW』が本領発揮か!?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 この調子だと、当分のあいだ本コラムは『スター・ウォーズ』と『妖怪ウォッチ』の話ばかりになってしまうので、まずはトップ10圏外の作品の話から。

 今週ギリギリでトップ10入りを逃して11位となったのが、12月23日公開の『クリード チャンプを継ぐ男』。『ロッキー』の宿敵アポロの息子が主人公となり、ロッキーが彼のセコンドを務める本作。今年新作が公開された『マッドマックス』や『スター・ウォーズ』同様に70年代後半に1作目が発表されたシリーズものの「新章」として、公開前にはファンから不安も囁かれていたが、いざフタを開けてみれば大絶賛の嵐。主役を譲ったシルヴェスター・スタローンには「アカデミー助演男優賞候補」の声まで上がっている。それを踏まえると、11位スタートというのはちょっと寂しいスタート。映画ファンの間では話題になっているものの、その熱が往年の『ロッキー』ファンにはちゃんと届ききっていないのがもどかしい。しばしば映画ファンから批判に晒されることになる「ベタな邦題」問題だが、ここはもっとベタに「クリード -ロッキー新章-」くらいわかりやすくした方が良かったのでは?(もしかしたら権利的にタイトルに「ロッキー」の名前をもってくるのはNGだったのかもしれないけれど)

続きはこちら