NEW

2015年も“朝ドラ”が圧勝だった理由は? 大きく変わるドラマ視聴環境を考察

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 2015年のテレビドラマを総括すると、放送環境の変化が目につく一年だった。

 たとえば今年の1月を境に、かつては11話だった1クールのドラマの多くが全10話で終了するようになった。一方、復活したフジテレビの土曜ドラマは30分のドラマを4~5話放送するという形式となっており、他にも『となりの関くんとるみちゃんの事象』(TBS系)のような二本立てで30分のドラマなども生まれている。視聴率がとれなくなっているテレビドラマの製作費を削減するための措置と言ってしまえばそれまでだが、それ以上に感じるのは、今まで慣れ親しんでいたテレビドラマの放送形式が、終りつつあるかもしれないということだ。

 2010年以降、テレビドラマの観られ方は変わった。00年代までのテレビドラマは、リアルタイムで放送されている作品を見て楽しむ普通のテレビ視聴と、ビデオやDVDに録画して細部まで繰り返し見るソフト消費の二種類に分かれていた。

続きはこちら