NEW

2016年もアマゾンからの容赦無い圧力は続くのか……2015年出版流通業界10大ニュース【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【「月刊サイゾー」立ち読みサイト「サイゾーpremium」より】

――前編に引き続き、佐伯雄大、老舗出版社営業幹部A氏、中堅書店員B氏が2015年の出版流通業界をメッタ斬り!後編はいよいよ1~5位のネタを斬る!


出版流通業界10大ニュース
1位 日販の赤字&栗田破産=取次クラッシュ
2位 紀伊國屋書店、村上春樹本の買取=出版流通イノベーションジャパンの戦略
3位 新潮社が図書館の貸出猶予を検討=無料貸本屋問題
4位 リブロ池袋店閉店&三省堂書店出店
5位 KADOKAWA、アマゾンと直取引=広まる直取引
6位 アマゾン時限再販で紀伊國屋に怒られる出版社
7位 あゆみBOOKS買収&ジュンク100店体制=書店経営
8位 軽減税率=書籍・雑誌は後回し
9位 TSUTAYA図書館問題
10位 有隣堂STORYSTORY、ファミマ×TSUTAYA 書店複合出店ラッシュ


1512_amazon.jpg
『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』(朝日文庫)

佐伯 さあ後編に突入ということで、1~5位のランキングは次の通りとなった。やはり1位は栗田破たんと日販の上半期取次業の赤字という取次クラッシュ。2位がその陰に隠れたとはいえ紀伊國屋書店がアマゾンに対抗するために、出版社から村上春樹本を買い取った話。3位が10年ぶりに再燃した図書館の無料貸本屋論争、4位がリブロ閉店、5位がアマゾンとKADOKAWAの直取引という結果となった。

書店B リブロの閉店は正直ショックだった。今年早々にその話が飛び込んできて、わが耳を疑ったのが、「大家に追い出された」という閉店理由だった。大家である西武百貨店もリブロもはっきりとした理由を説明していないが、トーハンで取締役も務めているセブンアンドアイホールディングスの鈴木敏文会長が動いたと言われている。つまり、西武百貨店にはトーハンと競合する日販の子会社である書店・リブロが入っている。トーハン帳合に変えてほしい、そうリブロにも帳合変更を打診したという話もきこえてきたが、土台無理な話。結局、契約更新しないという大ナタが振るわれたようだ。

出版社A 閉店する話が出た時は、次の出店について、様々な憶測が流れた。本命は三省堂書店、対抗が紀伊國屋書店、ブックファーストなどなど。結局、そのまま三省堂書店に入れ替わっただけだった。リブロは「池袋本店は黒字だった」と明言していたし、書店を追い出して書店を入れた明確な理由が、まったく分からない。後から入った三省堂書店の現場と話をすると、「何か、すみません」的な感じになっていた。

書店B リブロ池袋本店は、児童書や学・参がかなり売れた店。これらのジャンルの出版社では、リアル書店では3本の指に入るところもあったのではないか。また、今さらだけど「ニューアカの聖地」として、業界的には「今泉棚」など、かなり評価の高い書店だった。当時、活躍していた人の多くはリブロを離れて、別の書店で活躍しているが、私は今も尊敬している。

出版社A そういう意味でも三省堂書店のハードルは上がったね。でも、12月6日にグランドオープン(全館オープン)を果たし、売上も順調のようだ。出版社としては、リブロの後に書店が入らないことが最悪の事態だったから、これからは三省堂書店での売上を互いに伸ばしていければと思う。

佐伯 今年もアマゾンネタには、困らなかった。昨年末から噂されていたが、KADOKAWAが全商品でアマゾンと直取引に動いた。中小出版社が悩んでいるところへ、大きな決断だったと思う。しかも、正味は70%を超えているとも聞いた。

出版社A 11月にアマゾンの売り伸ばしセミナーに出席した。全商品を直取引の対象にしたら正味を60から66%へ出版社の条件を良くするという話だった。歩戻しもなしで、支払いも月末締めの翌月末払い。通常の委託商品で、取次に入れる正味は67%で5%の歩戻し。結果、実質正味は62%となる。となれば、アマゾンへは直取引で、と考える出版社も出てきているようだ。委託商品の場合、7カ月目清算(取次によって変わる)となることを考えれば、なおさらだろう。セミナーのときに、アマゾンの担当者は、栗田の破たんがあって、出版社の加入が伸びたと言っていた。これが出版社の本音なのだろう。書店も取次も厳しくなれば、アマゾンが餌をちらつかせていると分かっていながら、直取引「e託販売サービス」を選択してしまう。まるでアリ地獄かのように。


「サイゾーpremium」で続きを読む