NEW

なぜ、ヒトは餅を喉に詰まらせるのか? 餅は圧倒的に危険な食べ物だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

mochi.jpg
“危険な食べ物”とさえいえる? gontabunta/PIXTA(ピクスタ)

 正月迎えると必ずニュースで報じられるのが“餅を喉に詰まらせ、死亡”。ブラックジョークで“風物死”と揶揄されるほど、1月に集中する。国内での食べ物による窒息の死亡者数は毎年4000名を超えるとされる。なかでも餅は、圧倒的な事故率で“危険な食べ物”とさえいえる。

 特に高齢者は、噛む力も飲み込む力も落ちている人が多い。普段何気なく行っている、 「嚥下(えんげ)」と呼ばれる“飲み込む”という行為は、実は複雑なメカニズムとなっている。

“飲み込める”のは脳の情報伝達が正常なおかげ

食物は口内で噛み砕かれ、唾液と混ぜられて食塊(しょくかい)となる。この塊を喉に通過させるのだが、一連の動きに要する時間は約1秒。

①口が閉じられ、奥歯が一瞬噛みあわされて顎を固定する。
②口内の軟口蓋(上顎の奥の軟らかい部分)が反りあがって、鼻に通じる穴を塞ぐ。(口の中が完全に密閉状態になる)
③舌先が上顎に向けて押し上がると同時に、舌の根元は下がる。(口内の圧を高めつつ、食塊を通しやすくする)
④咽喉の奥、喉頭蓋(こうとうがい)が下がり、気管の入り口を塞ぐ。
⑤反射運動で食道の入り口が開き、食塊が運ばれていく。

 そして、嚥下の直前は呼吸を止め、直後には必ず息を吐く。これは④で気管の入り口が塞がるためだ。飲み物や唾液などでむせたりするときは、間違って気管に入る「誤嚥(ごえん)」が起こっている。ウイルスや細菌が肺に入ってしまうと誤嚥性肺炎となり、最悪は死亡に至ることもある。