NEW

AKBメンバーが「壊死性リンパ節炎」に!対症療法のみで「我慢するしかない」原因不明の奇病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

kobayashi2.jpg
10日も高熱が続いたと報告(小林香菜さんのオフィシャルブログより)

 〈10日くらいずっと39.4とか高熱が続いてて、今日大きい病院行ったら壊死性リンパ節炎と判断されました〉。12月28日投稿のツイートで自ら体調不良の診断結果をそう明かしたのは、AKB48の小林香菜さん(24)。

 “壊”とか“死”の漢字を含む耳慣れない病名から「大丈夫なのか!?」と、その後の容態を気遣う方も少なくないだろう。

〈治るのに一ヶ月、二ヶ月かかるみたい。10日も高熱続いてたし、首の横にしこりがあったからとても不安だったけど、ちゃんと検査してもらえてよかった〉。

原因不明の奇病の名は「菊池病」

 

 小林さん自身の報告からも典型的な病状が読み取れる「壊死性リンパ節炎」は1972年、福岡大学の菊池昌弘教授が発見。「菊池病」「Kikuchi's disease」とも呼ばれる比較的新しい病例だ。

 亜急性壊死性リンパ節炎、あるいは組織球性壊死性リンパ節炎(histiocytic necrotizing lymphadenitis)とも称される。「川崎病」「橋本病」と同じく、「菊池病」と日本人名を冠して確立されてからも30年足らず。

 なぜか東洋人に多く見られ、白人や黒人には稀な症例で、未だ原因不明の奇病とされている。