NEW

食べると不老不死になる伝説の肉塊「太歳」が発見され大騒ぎに=中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

 人類の見果てぬ夢、不老不死。実現すると世界が大混乱に見舞われることは間違いないが、個人の欲求となれば話は別だ。歳をとることなく、いつまでも生きていたいと願うことは当然だろう。事実、そんな人々の欲求を物語るかのように、世界には数々の不老不死伝説が存在する。なかでも特に有名なものが、中国の「太歳(たいさい)」だ。

 その姿は石とも生物ともつかず、硬いゴムのようで、自己再生能力を有するとも囁かれる「太歳」。古くは中国の妖怪辞典『山海経』に登場し、出土すると災いが起こるが、食べた者には不老不死の力が与えられるという。山の神、粘菌、謎の生物もしくは肉塊……など、正体については諸説入り乱れているが、いまだ真実は闇の中だ。ところが昨年、この「太歳」がついに発見され売りに出されていることが判明し、不老不死を願う世界中の人々の注目を集めているようだ。

続きは【トカナ】で読む