NEW

笑福亭笑瓶、緊急搬送 40歳以上に多いゴルフ中の突然死 なぜゴルフは危険なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

golf.jpg
ゴルフは“とりわけ危険”!? miya227/PIXTA(ピクスタ)

 昨年12月29日夜に飛び込んできた、落語家・笑福亭笑瓶さん(59)の緊急搬送報。同日午前中に千葉県内のゴルフ場でプレー中だった笑瓶さんが突然体調不良(=心臓の痛み)を訴えたため、同行のタレント・神無月さん(50)が大事をとってドクターヘリを呼んだ。

 君津市内の病院にそのまま入院したが、所属事務所によれば笑瓶さんの意識ははっきりしており、会話も正常だという。検査結果の出る年始までは、同院で静養するそうだ。

 笑瓶さんは特に持病もないらしいが、〈ゴルフ〉〈心臓の痛み〉〈搬送〉などの言葉を聞いて2014年5月、ゴルフ練習中に倒れた日本相撲協会第11代理事長・放駒親方(享年66)の急逝報を連想された同好の士も多いのではなかろうか。

 死因は「冠状動脈硬化症」とも呼ばれる「虚血性心疾患」。親方は30年来の糖尿病持ちだったというが、当時の報道を括ると「まったく体調は悪くなかったのに…」と突然死に戸惑う愛弟子の証言が目を引く。