NEW

M-1優勝のトレンディエンジェルが日本のハゲ文化を変える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

trendy.jpg
トレンディエンジェル斎藤司さん(右)とたかしさん~吉本興業HPより

 漫才日本一を決めるM-1で、「トレンディエンジェル」が優勝した。トレンディエンジェルは、斎藤司さんと、たかしさんの2人のコンビ。

 斎藤司さんは、頭頂部に残ったすくない頭髪をボサボサに放置しており、あわせてノーネクタイの背広姿で、なげやりな会社員というスタイルでしゃべる。対して、たかしさんはすくない頭髪を伸ばして、これにオイルを塗って光らさせている。頭部を左右に揺さぶることで、頭頂部に残った長い、しかし、少ない頭髪がふわりと動くことで、トークのリズムと、頭髪の動きをつなげて、広いおでこを露出させる。こうすることで、笑顔と表情が観客にしっかりと届くという演出をしている。
 
 どちらも、ハゲであるという個性を武器に、ハゲネタを使っての漫才をすることは、ライバルの中で勝ち残るために必要な戦略だったのだろう。
 
 ところでハゲとは何なのだろうか。病気なのだろうか? 自然現象なのか? 医学的には「脱毛症」と呼ばれる。さまざまな原因で脱毛症になるが、一般的に、男性の加齢に伴う脱毛症は病気とみなされていないが、そのメカニズムは解明されている。