NEW

ペットと寝るのは危険!? ペストをはじめ「人獣共通感染症」にかかる可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

48693-2.jpg
ベッドにペットは入れないで!?(shutterstock.com)

 ペットと一緒に寝るのは悪いことではない――。従来の否定論を覆すような研究報告が掲載されたのは米国「Mayo Clinic Poceedings」誌の12月号。アリゾナ州の同クリニック睡眠医学センターのLois Krahn氏らが、成人男女150人(=74人が1匹以上のペット飼い主、うち34人が複数ペット組)を対象に、“ペットとの同衾(どうきん)”事情を調査した結論である。

 まず、飼い主らへの「ペットの存在が睡眠を妨害する(している)と考えているか?」との質問に「YES」と答えたのは15%(15人)のみ。同衾実行派の41%は、睡眠影響について「なんら問題はない」「むしろ有益である」と答え、「傍で眠ると安心する」「満足感が得られる」「寛げる」と具体的な効用点をあげて、分析上、実質賛成派の優位が読み取れたという。

飼い主のルール厳守が同衾条件

 Krahn氏らは「ペットを寝室に入れても、それで落ち着いて寝られるとは限らない。言うまでもなく優先すべきは安らかな安眠であって、ペットの傍にいたいという要求のほうではない」と前提条件を付しており、全面肯定の立場を表明したわけではない。